11月
04

バスの車外の後部取っ手にしがみついていた少年が書類送検される

神奈川県警鶴見署は8日、走行中の横浜市営バスの車外の後部取っ手にしがみつき、その様子を写した写真をツイッターに投稿された問題で、バスにしがみついていた、横浜市鶴見区の大工の17歳の少年を道交法違反(禁止行為)の疑いで書類送検したことを発表しました。
鶴見署によると、少年は8月31日午前11時5分ごろ、同区岸谷を走行していた鶴見駅西口発新横浜駅前行きのバスの後部にしがみつく危険行為をした疑いがもたれています。
少年は容疑を認めており、「友人宅に歩いていくのが面倒で、金も使いたくなかった。中学生ぐらいのころにも悪ふざけでやったことがある」と話しているそうです。
この問題は、少年がバス後部にしがみついている写真がネット投稿されたことで大問題になりましたが、どうやら写真を撮影し、それをツイッターに投稿した男性と少年とは、まったく無関係だったようです。

10月
08

科学系の部活動がない中学が7割を超えている

技術振興機構(JST)の調査で、天文部や生物部のような科学系の部活動がない中学が7割を超えていることがわかったそうです。
JSTでは、今年3月に30人以上の生徒がいる全国の公立中から無作為に500校を選び、教師や生徒を対象にアンケートを実施。417校から回答があり、その73%の中学校で「科学部がない」という回答があったそうです。
科学系の部活がなくなっている理由でもっとも多いのは、「顧問となる教員が不足している」という理由で、理科を指導できる教員の不足していることが明らかになったのです。
運動が苦手な子や、科学・理科に関心がある子もいますから、そうした子どもたちのためにも、中学校に科学系の部活動も必要でしょう。

8月
04

電車内で拳銃のような物を持った男が暴れる

8日午後、東京の東急・田園都市線の渋谷駅で、発車待ちをしていた電車の中にいた男が銃の形をしたライターを振り回したことで、乗客が一時、避難する騒ぎになったそうです。
当初、警察に「男が電車内でモデルガンを振り回していた」という通報があったそうですが、警察官が電車内で暴れている男性を保護し、男が持っていた拳銃のような物を調べたところ、モデルガンではなく、ライターだったそうです。
警視庁の発表によると、男が暴れたことに事件性はなかったことから、保護した男を落ち着かせた後、事情を聞いたうえで帰宅させたそうです。
この騒ぎで乗客が一時、避難することになりましたが、騒ぎが起きた電車は、別の駅で起きた人身事故の影響で発車待ちをしている状態だったため、運行に支障は出なかったそうです。

6月
10

夫婦が道の駅の売店からコメ3袋を盗む

京都府警南丹署は14日、道の駅でコメ3袋を万引したとして、大阪府豊中市の自称会社員の54歳の男性53歳の妻の2人を逮捕しました。
南丹署によると、2人は、平成24年10月20日午後0時10分ごろ、京丹波町の道の駅の売店から、5キロ入りのコメ3袋を盗んだ疑いがもたれています。
2人が会計をせずに売店から出るのを不審に思った従業員が、2人が乗ってきた乗用車の写真を撮影しており、その写真に写っていた、車のナンバーなどから2人が容疑者として浮上したようです。
逮捕された2人は、いずれも「店には入ったが、盗んではいない」と容疑を否認しているということです。
たた、盗んだのはコメですから、もう食べてしまって証拠は残っていないでしょうね。

4月
22

「Grazia」と「GLAMOROUS」が休刊

講談社の女性誌「Grazia(グラツィア)」と「GLAMOROUS(グラマラス)」の2刊が、7月6日に発売する2013年8月号をもって休刊することになったそうです。
「Grazia」は1996年に創刊された女性誌で、30代ミセスにライフスタイルを提案してきた雑誌。
「GLAMOROUS」の方は2005年に創刊された20代後半の女性向けファッション&ビューティ誌でしたが、どちらも順調に部数を伸張した時期もありましたが、近年、部数の縮小に歯止めがかからなくなっていました。
講談社には、「Grazia」「GLAMOROUS」の他に、「with(ウィズ)」、「ViVi(ヴィヴィ)」、「VOCE(ヴォーチェ)」、「FRaU(フラウ)」といった女性誌4誌もありますが、休刊するのは2誌だけで残る4誌はデジタルコンテンツ開発などの大幅なテコ入れを行い多面的展開を拡充していく予定だそうです。

1月
20

中国でインターネット上での個人情報管理がさらに強化される

日本に比べ、インターネットへの規制が厳しい中国。
中国では、国民へのネット規制が厳しく、政府への悪影響があるような情報は、すぐに規制され、閲覧できなくなると言われています。
そんな中国で28日、全国人民代表大会の常務委員会が行われ、インターネット上での個人情報管理を強化する決定が可決されたというのです。
この決定は法律に相当するモノだそうで、この決定によって、今後中国では、ネット事業者は契約時やサービス提供時に、利用者に対して正確な身元情報の提出を要求しなければならなったのです。
もし、これに違反した場合には、罰金やサイト閉鎖、営業許可取り消しなどを受けることになるというのです。
この決定について、ネット上では、「中国のネットの言論統制は世界の先端を行くのに、さらに実名制にするのか」といった批判が相次いでいます。
そのうち中国では、ネットを使って、こうした批判の発言もできなくなるかもしれませんね。

9月
07

「マジカル頭脳パワー!!」が進化して帰ってくる

日本テレビ系の伝説のクイズ番組「マジカル頭脳パワー!!」が、さらに進化して帰ってくることが明らかになりました。
「マジカル頭脳パワー!!」は、1990年〜99年に放送され、人気を博したクイズ番組。
「マジカルバナナ」「エラーを探せ!」など、シンプで誰でも楽しめるクイズ番組として話題となりました。
その「マジカル頭脳パワー!!」の進化版として10月からスタートするのが「快脳!マジかるハテナ」。
この番組のメインMCを勤めることになったのが、お笑いコンビの雨上がり決死隊の2人と日本テレビのアナウンサーである桝太一アナ。
前番組が人気番組だっただけにMCとなった宮迫博之さんも不安と意気込みの両方があるようで「光栄でもあり、不安でもあり…。ですが、とにかく楽しんで盛り上げていきたいです」とコメントしています。

7月
11

千葉県浦安市のマンションの事件は不幸な偶然が重なったことで起きた

4月に千葉県浦安市のマンションで、連休を利用して知人男性と会うために仙台から上京した看護師の長谷川かなえさんが、知人男性宅で刺殺される事件が起きましたが、捜査を続けていた県警浦安署捜査本部が21日、長谷川さんが殺害されたマンションに住んでいる会社員の男性を殺人容疑で逮捕したと発表しました。
殺人容疑で逮捕されたのは、事件の起きたマンションの5階に住んでいる西岡大志容疑者。
西岡容疑者は長谷川さんが訪れた知人男性宅に盗み目的で入ったところ、長谷川さんに気付かれたので殺したと、容疑を認めているということです。
どうやら西岡容疑者は、長谷川さんの知人男性宅の合鍵をマンション内で偶然拾い、それで盗みに入ろうと考えた可能性があるようです。
たまたま長谷川さんが上京し知人男性宅を訪れた時と、知人男性宅の合鍵を西岡容疑者が拾ったこと、そして、その合鍵を使って西岡容疑者盗みに入った時が偶然重なったことで起きた事件だったようです。